三鷹獣医科グループでの専門医療についての御案内
 

アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター

 

三鷹獣医科グループでの専門医療について

もしあなたの動物に対して、良い医療を受けさせようとする場合には、一般医療と専門医療を使い分けることが必要だと思われます。
私のお勧めは、犬猫が7歳になる前の2-3年に一度は、「専門医療の動物病院」で健康診断を兼ねて診察してもらい、通常の予防的処置は「一般医療の動物病院」で年に2-3回処置をしてもらうという方法です。
もし7歳以上(大型犬は5歳から)であれば、年に一度は「専門医療の動物病院」に行くことをお勧めします。

要するに、動物医療においても、並行して2-3件の病院を利用することで、あなたの動物はより医療の恩恵を受けることができるということです。

 

動物病院における専門医療一般医療の違いは何でしょうか?

「専門医療」とは、より判りやすく言えば、動物の健康に重大な影響のある特定の疾患等に係る医療に関して、より高度な専門的な知識を持って、その病気の原因を明らかにして(原因療法)、その病名によって治療や予防を行うことと説明できるでしょう。

それに対して「一般医療」は、主に症状に対して、推定する大まかな幾つかの病状や時に病名に対して、主には対症療法を中心に治療を行うもの(分かる場合は原因療法を行う)と説明できるでしょう。

より分かりやすく言うと、病気の診断をしなくても、主に症状に対して治療すれば、多くの病気(約80%)は一時的に、または、ほぼ完全に治ると思われ、治療のみで改善できるということです。この場合はたいした検査をせずに治ります。

 

より具体的に説明すると、「単兆候性VS多兆候性」によります。

例えば「『嘔吐』はあるが、いつものように元気で、食欲もあり、熱もない」という場合で、一つの異常(嘔吐)はあるが他の所見はあまりない、という場合が「単兆候性」で通常は治療のみで治まります。

しかし「『嘔吐』があって、少し元気もなく、食欲がない、しかも高齢等の要因がある」となりますと、これは「多兆候性」に分類され、徹底的に検査し、病名を調べないと命にかかわる場合があります。

 

別の表現で言うと、一般医療は、例えば心不全、腎不全、貧血というカテゴリーで、病名として診断して治療しますが、 専門医療的にいえば、心不全とか腎不全、貧血は病名ではなく、単なる状態を示しているだけです。

心不全とは、心臓病を持ちその症状が発現している状態を示しているのです。同じように腎不全は、腎臓病を持ちその症状が発現している状態、貧血とは、血液が不足している状態であると言っているのです。

ゆえに、あなたの猫が慢性腎不全と言われたら、「腎臓がいつも悪い」 と指摘しているだけで、問題である「どんな病気で慢性状態の腎臓の不全になったのか」は「判りません」 と言われていることになります。

 

これらに対して少し難しいのですが、心疾患、腎疾患という言葉もあります。 これは、心臓病はあるがまだ症状が認められない場合に心疾患と表現します。 腎疾患も同じことで、腎臓病はあるがまだ症状が認められない場合に腎疾患と言います。 この表現は専門医療の獣医師がよく言う言葉です。

心不全の原因は?例えば、僧帽弁閉鎖不全、心筋症、心奇形(動脈菅開存症)、心内膜炎、犬糸状虫症等、様々な病名があるのです。

例えば犬猫の嘔吐の原因は約200もあると言われています。吐いた犬を見て、すぐに胃炎疑いと言うのは分かりやすいのかもしれませんが、これは一般医療であり、ある意味では、 動物病院の日本の平均的医療水準、日本標準医療のレベルと思われます。吐く原因は胃以外にも多くあります。胃が原因で吐くのは犬猫で約50-60%です。

 

すべての動物の病気の約80〜90%ぐらいは、一般的に言って、これらの一般医療の対処で可能と思われます。なにも専門医療に掛からなくてもても通常は大丈夫と思われます。特に2-3年に一度の犬猫の予防接種等の予防医療は特にそう言えます。

しかし、病気の10〜20%に当たる疾患は、専門医療でないと、対処できない病気です。すなわち比較的めずらしい病気や診断がむずかしい病気(特殊な知識や技法や特別な医療器械が必要)なのです。ましてそれらの合併症やその病気の程度の判定等になりますと評価がむずかしいのです。

 

問題はいかにこの10〜20%に当たる疾患を判定するかです。

例えば7歳以上の犬で、癲癇発作が初めて認められれば、脳腫瘍を疑い、まずはCT(コンピュータ断層撮影)或はMRI(磁気共鳴画像装置)で診断するという手順になります。この特殊な医療機器の場合は比較的わかりやすいのですが、より複雑なのは、更に特殊知識や技法の必要な場合です。

例えば、腎臓の病気で確定診断のために腎臓の造影をしたり、超音波検査をしたり、最終的にはバイオプシーをする必要もあることがあり、かなりの専門性を必要とします。すなわち高度医療が必要となります。

 

これらの解決のための手段はひとつではありません。

例えば、セカンド・オピニオン(第二の医師の意見を聞く)を利用することも一方です。

古典的には、担当する獣医師に他の手段が存在するのか?より専門的な医療を受けた場合に違いがあるか?などの意見を聞くことが重要です。

専門医療にはそれらの各々の病気に対して特殊な診断機器を使用して、そのもつ特殊な専門知識と技法によって対処できる場合が多くあると思われます。

 

また、治療に於いても、その特殊なめずらしい病気に対して治療薬(我国で未承認の薬剤で、薬剤の先進国である米国やオーストラリアにある動物の薬剤ー例え診断し病名が判明しても日本では薬がなく治療できない疾患があります。このような場合でも、特別な手続きを行うことにより個人輸入が可能な場合が多くあるのです)を持っている場合が専門医療の動物病院には多く存在します。

残念ながら一般医療の動物病院では、これらの特殊な薬剤や日本にあっても特別な調合を要する薬剤等を持ち合わせていることはまずありえないと思われます。その理由は20〜30年以上の経験でも使用経験が1回もないといった確率になると思えるほど、それらの薬剤の使用が非常にまれであるからです。また、それらの特殊薬の薬剤の使用経験が少なければ、副作用等の対処の方法にも問題が生じるからです。

 

     文責:日本動物病院福祉協会認定の内科認定医 小宮山典寛より

 

 

―時間予約制にて診察いたします―
          

★	最低1時間以上の診察時間が必要となります
★	あらかじめその病気の程度や経過をお知らせください
★	可能な限り過去の医療記録を御持参ください
★	費用についてはあらかじめお尋ねください



猫の専門医療の専門外来(猫の慢性腎炎、糖尿病、黄疸、膵炎、心筋症、口内炎、甲状腺機能亢進症、 IBD(炎症性腸炎)と外科の専門外来を含む)(毎週火木曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の皮膚病の専門外来(アレルギー性皮膚炎含む) (痒みが止まらない、脱毛が酷い、皮膚が黒くなってきた等) (毎週火金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の腫瘍の専門外来(体表の出来物はすべて生検が必要です、疼痛管理、化学療法,希望により ホリスティク獣医学も応用等)(毎週月水曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の消化器の専門外来(止まらない下痢と嘔吐、膵炎、黄疸、内視鏡検査等) (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫心臓循環病の専門外来(止まらない咳、呼吸困難、削痩、腹水、心奇形等) (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の内分泌の専門外来(糖尿病、副腎皮質機能亢進症、インスリノーマ等) (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の泌尿器の専門外来 (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 猫の糖尿病の専門外来 (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬の糖尿病の専門外来 (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の外科手術の専門外来(膝の靱帯、膝蓋骨脱臼、股関節、椎間板ヘルニア等) (毎週月木曜日の午後2〜6時までの予約) ○ フェレットの専門外来(全身が脱毛する副腎腫瘍、低血糖のインスリノーマ、リンパ腫、等) (毎週月・金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ イグアナの専門外来 (毎週火・木曜日の午後2〜6時までの予約) ○ ウサギの専門外来 (毎週月・金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ ハムスター専門外来 (毎週火・木曜日の午後2〜6時までの予約) ○ カメ専門外来 (毎週火・木曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 飼鳥の専門外来 (毎週水曜日の午後2〜6時までの予約) ○ セカンド・オピニオン外来 (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約) ○ 犬猫の肥満専門外来 (毎週月〜金曜日の午後2〜6時までの予約)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
祭日
猫の専門医療    

   
犬猫の皮膚病        
犬猫の腫瘍          
犬猫の消化器    
犬猫の心臓循環器    
犬猫の内分泌    
犬猫の泌尿器    
猫の糖尿病    
犬の糖尿病    
犬猫の外科手術          
フェレット          
イグアナ      

ウサギ          
ハムスター          
カメ          
飼鳥            
セカンド・オピニオン    


★三鷹獣医科の一般医療について

★武蔵野地区の最先端の高度医療を提供する動物病院