開かれた医療を提供する東京の動物病院

東京の動物病院三鷹獣医科グループ現在日本では、数多くの動物が飼育されています。犬・猫だけで見ても、その数は2000万頭を超えており、約四割の方がペットを飼っているとも言われています。 特に東京は人口が多いため、飼育されているペットの数も非常に多いです。 そのような中で、動物の健康を守る動物病院の存在は、欠かせないものと言えるでしょう。 三鷹獣医科グループ・新座獣医科グループは、1977年に開業して以来、多くの動物の病気、けがの治療にあたってきた、東京の動物病院です。 当院の特徴は、年中無休24時間、緊急診察に対応しているということです。 動物の病気やけがはいつ起こるか分かりません。重篤な症状の場合は一刻を争う場合もあります。 そのような中で、夜間でも休日でも対応可能な東京にある当動物病院の存在は、多くの飼い主様にご支持頂いております。 また東京にある当院は、複数獣医療選択法式を採用しているのも特徴です。これは獣医療の治療方法を公開し、飼い主様が選ぶことができるというものです。 当動物病院は、高度医療から一般医療まで対応しておりますので、どの治療をどのくらい行うか、またその費用なども含めご検討頂けます。

東京の動物病院三鷹獣医科グループの待合室 東京にある当院は、開かれた動物病院を目指しています。ひとつの疾患に対する治療方法は、必ずしもひとつではありません。 内科領域での治療、外科領域での治療といった違いもありますし、外科手術だけに絞ってもいくつかの手法が認められる場合があります。 当院はそれらをできる限り公開するように努めています。 これは上述した、複数獣医療選択方式との関係もありますが、飼い主様にご安心頂くためという側面もあります。 例えば、「通常外科手術が必要と思われる状態だが、内科領域での治療が可能もしくは切開をする必要なく治療することも可能と診断された場合」、利点欠点を分かりやすく説明し選択肢を提示いたします。 それらをしっかりと飼い主様に公開することが多くの飼い主様の安心につながると考えております。 治療方法に関してだけでなく、検査結果に対しても同様です。 当院では、まず、さまざまな検査を行ってから治療に移りますが、検査結果を飼い主様にご理解頂けるよう、できる限り分かりやすく説明しておりますので、安心してご来院ください。

>東京の動物病院 三鷹獣医科グループ